Monacoin ブロック時間分散

Monacoin のアルゴリズムが Lyra2REv2 に変わった 450000 ブロック目からのブロック発見秒数の分散なようなもののグラフです。 2000 ブロックづつ分散のようなものをとっています。 「分散のようなもの」と書いたのは、本来なら計算に平均値を使うところですが、この計算では平均値を使わず、Monacoin の理想のブロック発見時間である 90 秒を計算に使っているからです。 2000 ブロックづつ計算したのは、昔トリビアの泉で「2000個の標本があれば十分信頼に足りる」と何度も出てたからですw 2000 ブロックに足りない端数部分のところは計算に使われません。

以前は 450000 ブロック目からのデータを使ってたんですが、面白そうだったんで、最初からやってみました。かなり面白いグラフになりましたw Lyra2REv2 への変更前がいかに酷かったか、草が生えるってもんですw

このページは2日に1回更新されます。

Last Update: